btn

「できる!」がふえる!英語で1分間自己紹介

1分ピッチ

イベント予約 メール
nav

私はモーレツに感動している。
アメリカ企業のIR(投資家向け情報)の英語の
完璧なまでの美しさに。

 

例えば The Coca Cola Companyの
Investor FAQ on COVID-19

 

一言で言うと、
次の3つを兼ね備えているのである。

 

簡潔 (clear and concise)
動詞が力強い (using strong verbs)
論理的(logical)

 

文章に欠点が見当たらない。
「うまい!!」と
思わずうなってしまうのだ。

 

具体的どれだけうまいのか、例を挙げよう。

 

最近、私もコロナ関連の翻訳が増えているが
次のような一文があった。

 

「各国によってコロナの影響は異なる」

 

これに対して私は次のように英訳をした。
“the outbreak of covid-19 is disrupting countries and jurisdictions in different ways”

 

これも悪くない(と思う)。

 

しかしThe Coca Cola Companyは
次のように表現している。

 

“the pandemic seems to be unfolding differently across geographies”

 

明らかにこちらの方が簡潔!
一番感動したのは、動詞の「unfold」の使い方である。
アメリカ人はこの「unfold」の使い方が非常に上手である。

 

「unfold」は、もともと
畳んであったものを「広げる」というような意味がある。

 

しかしビジネスでよく見る「unfold」は
一連の事象が「起きる」「展開される」という意味で
使われることが多い。

 

「unfold」の中に色々な意味が取れて、
ネガティブな表現にも
ポジティブな表現にも使える
こなれた感が満載の美しい動詞なのである!

 

是非とも使いこなせるようになりたい!

 

ちなみにThe Coca Cola Companyは、
同じ文書で「unfold」をもう一回使っている。

 

The new normal unfolds.
(新しい日常が始まろうとしている)

 

カッコよすぎる…。
翻訳者はもうメロメロよ…。