btn

「できる!」がふえる!英語で1分間自己紹介

1分ピッチ

イベント予約 メール
nav

言うまでもないが
Ted Talkは
英語の勉強にもなる。

 

聞き慣れない言葉があり
それを調べながら
派生的に色々な表現を学ぶ。

 

例えば次のTed Talk↓
The perks of being a pirate
(海賊であることの特典)

 

スピーカーのTom Nashは、
その中で次のように言った。

 

“I turned my body perpendicular to the curb,
and placed my foot up sideways.”

 

この一文を読んで
Tomが実際にどんな動作をしたのかを
あなたは忠実に
再現することができるだろうか。

 

私にはできなかった。
まず”perpendicular”の意味が
分からなかったからだ。

 

“be perpendicular to something”は
英英辞書を引くと次の通り。

 

“if one line is perpendicular to another line,
they form an angle of 90 degrees”

 

つまりTomのケースで言うと
“I turned my body perpendicular to the curb”は、
縁石(curb)に対して
体の右側か左側を当て真横に立ち、
ピタッと垂直に立つことを指す。

 

そして次の動作はどうなるだろうか。
“and placed my foot up sideways”

 

まず足を上げながら
横方向(縁石方向)に
足をずらすのである。

 

“sideways”(横方向に、横向きに)も
知っておくと便利な英単語である。

 

Scroll the screen sideways.
(スクリーンを横にスクロールする)

 

Put the book sideways.
(本を横向きにしなさい)

 

“perpendicular”や“sideways”を調べていくと
方向を表す英語表現が
意外と難しいことに気づく。

 

horizontal axis (横軸)
vertical line of a graph(グラフの縦線)
pull oneself upright(背筋をピンと伸ばす)

 

調べていくときりがない。
(これがまた楽しい…)

 

ところでなぜスピーカーのTom Nashは、
“I turned my body perpendicular to the curb,
and placed my foot up sideways.”
という行動をしなければならなかったのか。
お分かりになるだろうか。

 

それは、Tomが障害によって
両手両足が義手義足だからである。

 

義足だと足首が上手に使えないので
ちょっとした縁石でも
体を真正面に向けたままだと
乗り越えることができないのだ。

 

だから彼なりに工夫して
真横を向き縁石に向かって
足を横方向に上げる方法を
思いついたという。

 

Tomは言う。
この物理的な体の障がいが、
自分にとって人生の贈り物になっている、と。

 

なぜなら「できない」ことで
挑戦する気持ちや
問題解決能力が
極端に高まったからだ。

 

このTed Talkは
英語の勉強だけでなく
人生の勉強にもなる、
本当に素晴らしいトークである。

 

ぜひ一度聴いてみてほしい。